fc2ブログ
コンテントヘッダー

アイドル

アイドルオタク設定のつくしちゃんとかまってもらえない司くんのお話です。
2人は付き合って6年!
もうすぐゴールインってとこらへんですね。
お話に出てくるアイドルは、名前は出さないようにしときますが出ちゃうかもしれません(*>ω<*)









ーーー

「牧野っ!」

「ちょっと待って!」

「おいっ!」

「キャァァァァァ!出てきたのっ!」

「なんだよまたアイツか…」

「あいつって何よっ!?失礼でしょっ!」

「…」
俺の彼女牧野つくし。
こいつは今アイドルにハマっている。
俺が牧野の部屋に入ってもずっとずっとテレビに釘付け。

「うわぁ!UISH歌うの久しぶりぃ〜!」

『〜♪』

「きゃーーーーーっ!」

まだ伴奏じゃねぇか
そんなにいいか?この曲が

「おいっ!もっと他にすることあるだろ?なんでこんな奴らにキャーキャー言ってんだよ。」
怒って今まで秘めていた思いをぶつけてしまった

「ひどい…そんなこと言わなくてもいいじゃん…」
案の定、牧野はしゅんとするが、俺は矢を次々に刺してしまった

「…うるせーなっ!なんなんだよっ!もっと俺にもかまえよ」

「十分かまってるでしょっ?」

「お前、俺よりテレビテレビで本当は俺の事嫌いなんだろっ?そーだ!嫌いならいえばいいだろ?」

「違うっ!もうっ!帰って!」
遂に言われてしまった。
牧野の家に来て、そんなこと言われたこと無かったのに。

「こんなとこ、二度と来るかっ!」
売り言葉に買い言葉、ついつい言ってしまった。

「さようならっ!」




ーーー

『〜〜♪』

「Love Oneだ…。いいな…この歌の相手は…」
さっき、道明寺とケンカをしていて思った。
あたし達、もう別れるかもって

『1000年先も愛を誓うよ。君は僕のすべてだ』
本当は道明寺ともっと一緒にいたい…
思うと思うだけ声にでてしまう。

「こんなこと言われてみたい…。
道明寺がこんなふうに言ってくれたらなっ…」

「永遠に愛を誓うから、結婚してくれ」
あたしが言われたかったセリフがスパッと聞こえた

「あれっ?こんなセリフあったっけ?
めっちゃカッコイイじゃんっ!」
そう思ったけど、メンバーが何か動くわけでもなく

『ららら〜ららら〜』

普通に歌が始まった

「あれっ?今の何っ?演出かな?」

「牧野っ!結婚しろ。……さっきは悪かったな」

後ろから声がして振り返ると道明寺だった

「…道明寺…?なんで?」

「やっぱり、帰りたくなくて。今日はこれを渡すつもりだったから。」

道明寺があたしに見せてきたのは
キラキラと輝くダイヤモンドだった。

「えっ?これ、指輪?」

「そうだ。結婚してくれ」
そんなこと言われても…
なりたくてもなれないよ?だって道明寺の奥さんだよ。
それにあたし、さっきひどいこと言っちゃった…

「結婚…?でも、やっぱりあたしは道明寺の奥さんに向いてないかもしれない気がする…」
そう言ってみた。心はそんなこと思ってないけど

「そんなのに知らねぇ。結婚しろ」
でも、道明寺はあたしの気持ちに気づいてるかのように言ってくる

「…でも、」
だから、必死に断ろうと思ったけど

「あのなぁ?牧野っ!お前、俺のこと好きだろ?愛してるだろ?」

「……うん…、」

「じゃあいいじゃねぇか。あの、Love Oneにもあったろ?“愛しています、ただ愛してる”って歌詞。」

「あるけど…なんで道明寺?」

「俺だって、牧野を奪われんのは気に食わねぇけど、牧野の好きなやつを嫌いにはならねぇ。
ちょっとだけ勉強したんだ。」

やっぱり、道明寺ってホントに優しい…
この言葉を聞いて、いや、聞く前から決まってる

「道明寺…。あたし道明寺のこと好きだよ?結婚して?」
ずっと言いたかった言葉を言えた…

「牧野っ…」

「あのね?UISHね、あとLove One、あとsweet so Loveもか!私みたいな女の子と道明寺みたいな男の子の恋のお話なの。だから、聞けたら嬉しくて…道明寺との思い出がよみがえっててね?」

「牧野…。そっか、牧野…」








fin







いつも応援ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト



コンテントヘッダー

陽炎 23

こいつ、今、好きって言った。

俺を…

「ほ、ホントか…?」

「うそでそんなこというわけないでしょっ?」
マジだ。やべぇ、、やべぇ、、

嬉しすぎる…!

「お前、俺のこと好きか…俺もお前のこと好きだから…」
付き合ってくれ、そう言おうとしたら…

「あ、あのっ。だから。つ、付き合ってもいいよ…」
え?なんつった?牧野からそんな言葉が?

「えっ?ちょっ…付き合っていいって言ったか?」
食い気味に牧野に聞いてみると…

「い、言いました…」
言ったっ?!
えっ?

「…」
牧野が俺と付き合っていいってことか…

「…」

付き合う…

付き合う…?

付き合う…!

付き合う…!!!!!!!


「うおっっっっっっっっしゃぁぁぁぁっ!」

「へ?」

「今度いつ会う?毎日来ていいか?
退院したら家に帰るのか…。住所教えろよっ?
いやっ!同棲するかっ?そうだっ!
俺ん家に来るか?そうしろっ!
あと5日ここに俺も泊まるから、そのあと荷造りして俺ん家で一緒に住もうぜっ!なっ?」

嬉しすぎて牧野にペラペラ話して勝手に色々押し付けてしまった。

「ど、、同棲っ?!」

「そうだっ。ちょっと、俺の荷物取ってくるわ」

「へ?待って、ホントに泊まるの?えっ、道明寺…?」

こいつが嫌でも、俺はどうしても…
「記憶失くした8年、取り戻したいんだ。」

「道明寺…」

「ダメか?」
パーティで会うケバい女達のまねをしてかわい子ぶって言ってみた。

「い、いいけど…へ、変なことはしないでね…?」
キス以上のことか…
考えるだけで顔がにやける…

「そんなの分かんねぇよ」

「えっ、、ちょっ…」

「冗談だよ。バカ。」
牧野を安心させるために一応冗談ということにしといた。

「もうっ!」

「じゃあ、今日ここ泊まっていいか?」

「…え。いいけど…」

「っしゃ!服取ってくるから、仕事のメール確認しとけ」

「うん!行ってらっしゃい」

やべぇ、嬉しすぎる

牧野が俺を受け入れた

牧野が俺を待ってる

牧野が俺に「行ってらっしゃい」って…

これは、

これは、

これは、
これは、
これは、


新婚じゃねーかっ!








いつも応援ありがとうございます。

続きを読む

関連記事
コンテントヘッダー

陽炎 22

コンコン

誰か来たな…

「はーい」

「入るぞ」
あっ、道明寺か。
昨日来るって言ってたしね

「うん」


「牧野、昨日は悪かった」
キスしたことかな?
そんなことで謝るくらい大人になったんだな…

「ううん、大丈夫」

「今日はちゃんと言いに来た」
…何を?
なんかあったっけ?

「何を…?あっ、あたしも言いたいことある…」
記憶が戻ったって言おうと思ったんだ。
道明寺はきっともう戻ってる。

こないだ戻ったんだろうな…

『お前のことだけ忘れて悪かったな』って言ってたし。

そんなことを言おうと思ったら、道明寺が被せて言ってきた。

「無理して俺といなくていい。
お前は俺のこと嫌なんだろ。
彼氏がいるのに、無理して色々させて悪かった。
お前ちゃんと資料課に戻すから、今までのこともうなかったことにする。」
言ってることの意味がわからない…

私の事嫌いになったのかな?

もうやなのかな?

「えっ、、待って何言って…んの…?」

「あきらと付き合ってんだろ?」
あきら?どういう事?付き合ってたけど…なんで知ってるの?

「えっ?付き合ってないけど…」
そうやって言ってみると

「嘘なんかつくな。
聞いたんだ。昨日、お前があきらと付き合ってるって…」
道明寺は信じてくれなかった

「いや、違っ…」

「俺はもう傷つくのが怖いんだ」
道明寺の目が寂しそう。
この目は何度か見た事がある。
でもあたしはいつも知らないふりをしてたんだ。

「待ってっ!ねぇっ!ちょっとっ!
道明寺っ!」
あぁ、言っちゃった。
ちゃんと口から言おうと思ったのに、道明寺にはちゃんと言いたかったのに

「ま、牧野?」

「記憶が戻ったの。」

「…牧野…。ごめんな、俺のせいで。」

「それは大丈夫だけど…そんなことより!
あきらと付き合ってるって何?
確かに付き合ってたけど今はもう付き合ってないよ」

「は…。どういうことだよ。」

「こっちが聞きたいわよ。なんで知ってんのよ。
類にしか言ってないのよっ!」

「盗み聞きした。昨日帰ったあと、お前から離れたくなくて、お前の病室に戻ろうとしたら類と電話で話してるのが聞こえた。」

『あたしね、あきらと付き合ってるの』

『うん。』

『3ヶ月前くらいから。あきらから告白されてね。
誰にも言うなって言われたの、みんなには秘密にしろって言われたの。誰にも言うなって。』



「それで、ショック受けて帰った。
牧野はあきらのものになってたんだって…」

「もうその時は、記憶戻ってたのっ!
で、やっぱあたしは$♪¥+♡☆が好きだから…あきらと別れたの。」

「なんだよ別れたのか……。
おいっちょっと待て、誰が好きなんだ?教えろっ!
聞こえなかったじゃねーかっ」

「いや、、えっと、、」

「誰だよ?お前俺の事嫌いなんだな」
そんな悲しそうな顔されちゃ、言っちゃうよ。
あたし、言っていいよね。

好きって言って、いいよね?


「道明寺が、好きだからっ!」








いつも応援ありがとうございます。
関連記事
コンテントヘッダー

陽炎 21

「類…、あたし決めたっ」



きっと類もあたしが幸せになることを望んでる。




プルルル

出るかな…?

出てくれるかな?


「もしもし」

『…牧野か』

「うん。こないだの事決めたから」

『どうすんの?』

「誰がなんと言おうと、やっぱり無理」

『俺と付き合うの無理ってことか?』

「うん」

『そっか。悪かったな』








これでいいんだ、あたしはあたしなの道を行く。
今度は間違えない道に。


だから、ごめんね。






あきら。

あきらとはもう付き合えない。

あたしには、あたしは道明寺しか愛せないから。








いつも応援ありがとうございます。

短くてすいません…
関連記事
コンテントヘッダー

お知らせ?です

これから忙しくなって、書くのが難しくなると思うので1日1話にしたいと思います。落ち着いてきたら、1日2話くらい更新できたらいいな…と思ってます。時間通りに来てくれてる方はご理解お願いします。
関連記事
コンテントヘッダー

陽炎 20

「あたしね、あきらと付き合ってるの」

『…そうなの?』

「うん…」

『いつから?』

「3ヶ月前くらいから。あきらから告白されてね、みんなには秘密にしろって、誰にも言うなって言われたの。」

『あきらとシた?』

「ううん、してない。そういうのってなんか嫌で。
それにあきらとも別れようって言ったの。まだ“うん”とは言われてないから、一応付き合ってるってことにしてるけど」

『別れるの?』

「うん。なんか、違うなって…あきらとなら友達の方がいいって思っちゃったし………ね、」

『司?』

「……うん。記憶がなくなって、会社で初めて話した時、道明寺に惹かれちゃった。」

『そっか、全部それ司に話した方がいいよ』

「でも、そしたら道明寺とあきら…」

『2人とも牧野が幸せになることを望んでる。
牧野は、自分のしたいようにすればいい。』

「うん…。じゃあね。類、ありがと」

『うん。バイバイ』




あきらが牧野に手を出した?
あの、あきらが?
誰よりも俺たちのことを考えてるあきらが?
牧野に告白…?


「あきら」

『類か、なんだよ』

「なんで牧野に手出したの?」

『バレたか。じゃあ、2人とも記憶戻ったんだな。』

「うん。そうだよ。でも、なんであきら…」

『俺、あんな司と牧野見てられなくてな。
ま、正確に言うと俺たちか…』

「どういうこと?」

『総二郎と俺で考えた。
牧野誘惑してそのまま司と会う。
司は牧野に惚れて牧野に告白。
牧野は司を振る。
そのショックで思い出すってとこか?』

「なんで俺にも言ってくれないの。俺もやりたかった」

『いやぁ、お前入れたら瞬殺だなって思ったんだよ。でもお前、俺からの電話出たことないだろ?総二郎も10分の1の確率って言ってたからな』

「…あっそ。牧野と別れてあげなよ」

『分かってるよ。少し間を置いた方がリアリティ出るかなって思ったんだよ』

「じゃ」



やっぱね、あきらは誰よりも優しいんだよ。








いつも応援ありがとうございます。

続きを読む

関連記事
コンテントヘッダー

陽炎 19


やっちまった。

そう気づいた時には遅かった


「…わ、悪ぃ」

「…」

やっぱ怒ってるか…

「ま、牧野?」

「…」

あれ?起きてるよな?どうしたんだ?

「ちょ、か、、えっ、、うっ…そ」
嫌がられた。
もう好きには、付き合ってもくれないかないな。

「ホントに悪かった。」

「ちょっと、1人にさせて」

ーーー明日断られる
この言葉を聞いた時そう思ってしまった。

「じゃ、明日くる」

「うん」








ーーー
「類…類っ!」

『何…次は牧野…?どうしたの?』

「どうしよう…類っ…」

『何が…』

「ど、、道明寺とね。き、キスをしたんだけどね…」

『何?思い出したの?』

「な、、なんで分かるのさっ!」

『道明寺って、言ったしょ。司のことそうやって言うの牧野だけだよ』

「……そっか。
道明寺に言おうかな…言ったらどうなるかな…」

『司喜ぶよ?言えばいっしょ』

「言いたいけど、類…言えないよ、あたし…」

『なに』

「あの、、あたしね…」

『なにさ…はっきり言ってよ』

「あたしね、あきらとね付き合ってるの」








いつも応援ありがとうございます。
関連記事
コンテントヘッダー

陽炎 18

「おい、起きろ」

「…」

「牧野っ!」

「…」
こいつ…
何回起こしても起きねぇな。
まぁ、こいつの寝付きの良さは俺が1番知ってるか…
突然付き合えなんて言って疲れてるか…





ーーー
「んっ〜!」

「牧野起きたか?」

「社長っ!」

「わぁっ!ごはん食べてない!何時ですか!1時くらい…?」

「バカ。もう6時だよ」

「あちゃぁ〜。病院食美味しかったから期待してたのになぁ…」
そこかよと、心の中でツッコンどく。

「じゃあ食べるか?」

「えっ?社長も食べてないんですか?」
当たり前だろ?お前が寝てる中を食べながら待てるような男じゃねぇよ。

「お前の食べてるとこ見ながら食べるとおいしく感じるんだよ」
まぁ、これもあるんだけどな

「気のせいですよ。そんなの」

「気のせいじゃねぇよ。お前は昔からそうだからな」

「なんですか!昔って」

「あ、悪ぃ。なんでもねぇから食べるぞ」
ついつい昔のことを話してしまった。
俺が知ってるのは昔のお前の方が多いからな…


「う〜ん!おいひぃ〜!」

「だな?」

「このお肉!柔らかくて、味もあっさりしてて凄いおいしいですねっ!病院とは思えない!」

「俺のとこのシェフに作らせてるからな。高級ホテルと変わんねぇ味だそ?栄養バランスがいいだけで」

「えっ?そんなお金かけてたんですか?お金払えないじゃないですか…」
マジでこいつのこういうとこ変わってねぇな…
俺が道明寺司ってこと忘れてんのか?

「バカか。俺のせいでこうなってるんだ。入院費全部俺の負担だ。」

「そ、そんなの悪いですよっ!
私がお酒飲んだのが悪かったんですから…」

「好きな女の入院費くらい払わせろ。」

「でも、それとこれとは別ですっ!
いくらす、好きでもそんなことはさせたら…」

「うるせぇなぁ」


うるさい唇にキスしてしまった。
久しぶりの牧野の唇に頭が真っ白になって
その時の牧野のことを全く見てなかった。






いつも応援ありがとうございます。


続きを読む

関連記事
コンテントヘッダー

すいません!

少し旅行をするので、2日くらい更新できません…
できたら、その分更新します!
コメントは帰ってから返信しますね!

ヒハラ
関連記事
コンテントヘッダー

陽炎 17

「ハッキリしろよ」

わかってる。相手にはっきり言わないと、相手に失礼だし…ちゃんと分かってるのに無理とも良いとも言えない。

「ほ、保留じゃダメですかっ?」

「…2ヶ月以内に決めろよ?」

あっ!意外と長い!社長なら今日中とか言いそうだったのに。

「は、はい」




ここであたしはあることを思い出した。


「あの、病院なんで、離してもらえますか?」

まだ社長があたしの体に抱きついたままだったのだ。
なんであたし、嫌がらないのかな?
社長だから“嫌がれない”のかな?

「あ、悪ぃ」

「あ、いえ…」
案外2ヶ月って難しいかもしれないな…
頑張って決めなきゃなっ!

「じゃ、ご飯買ってくるわ」

「はい。」







ーーー
コンコン

「入るぞ」



「入るからな!」

ガラッ

「…何寝てんだよ」

「…」

「あーあ、なんで俺忘れたんだ…マジでバカだな。」

あの時牧野を忘れてなかったら、牧野も記憶を失うことなく、俺たちはまだ付き合ってたかもしれない。
俺が牧野を忘れて8年、俺が26歳で牧野は25歳。
結婚してた可能性もある。
また、好きになってもらわないと。
牧野に彼氏や、好きな人がいるかもしれない。
でも、俺の事拒否らなかったしいないのか…?

少しは可能性を信じてもいいか?


なぁ、牧野…







いつも応援ありがとうございます。
関連記事
プロフィール

Hihaara

Author:Hihaara
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
2度目の初恋#1

2度目の初恋#3 2度目の初恋#2 2度目の初恋#1 2度目の初恋#4 2度目の初恋#5 2度目の初恋#7 2度目の初恋#6 2度目の初恋#8 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR